熊のケツを眺めながら飲める熊系ゲイバー、Bärenhöhle(スペイン・グランカナリア島)

LINEで送る
Pocket

熊系ゲイが行くスペイン・グランカナリア島の連載第2弾! 熊系ゲイバー「Bärenhöhle(熊の洞窟)」を紹介します。

 

Yumbo Centreの熊系ゲイバー「Bärenhöhle」へ

こんにちは! 海外在住、年の差30歳の国際クマ系ゲイカップル(の日本人のほう)によるゲイブログ「パンダブログ(‎@panda_no_blog)」です。熊系ゲイネタ・LGBT情報を発信しています。

連載「グランカナリア島」の第一弾「ヨーロッパ最強クラスのゲイ観光地、スペインのグランカナリア島」では、グランカナリア島とその中心ゲイスポット「ユンボセンター(Yumbo Centre)」について紹介しました。

今回はYumbo Centreにある熊系ゲイバー「Bärenhöhle(熊の洞窟)」について紹介します!

 

熊系ゲイバー「Bärenhöhle」

こちらがBärenhöhleの外観です。ドイツ語で「熊の洞窟」という意味です。グランカナリア島はドイツ・北欧・イギリスからの観光客が圧倒的に多いです。

 

ちなみにBärenhöhleのお隣はアジア系レストラン。ドイツ・北欧・イギリスの人たちにとってわかりやすいバカンスの景色が詰め込まれたような、Yumbo Centre独特の雰囲気です。

 

「Bärenhöhle」の中へ

こちらがバーの中の様子です。開店したてだったので(20時)、人はまだそんなにいません。典型的なドイツの熊系ゲイバーといった雰囲気です。

 

日本のスナックのようなアットホーム感も感じます。バーテンダーはドイツ人のおじさんたちでした。とてもフレンドリーででした。

 

バーの奥のテレビには熊系ゲイポルノが映っています。手前のビールサーバーはサン・ミゲル(※)。「ヨーロッパのバカンス=東南アジア」というイメージがここからも感じられます。

サン・ミゲルはフィリピンのビール会社)

 

ビールサーバーのそばにはコンドーム。なんだかラッキーな気分になれます。笑

 

別のテーブルには熊さんのコースターホルダー。熊系とかいうかむしろ普通に可愛いですw

 

「Bärenhöhle」の内装に目をこらす

の前に、仕上がったお兄さんのガタイを眺めて…と、

 

このゲイバー、何より印象的だったのはこの内装。

 

「熊の洞窟」の名に恥じない熊の密集っぷりなのです。

 

見上げても熊がずらり。

 

文字通り熊のケツを眺めながら飲めるゲイバーなのです。

 

Yumbo Centreの熊系ゲイバー「Bärenhöhle」に行くなら22時までに

 

Bärenhöhleは20時〜22時まではハッピーアワーで、ビールがまさかの一杯1ユーロ(約120円)です。1杯200mlなので、1リットル飲んでも600円です。

他のバーがだいたい22時オープンという感じなので、夜のスタートにはもってこいなゲイバーです。カワイイ熊さんのケツを眺めながら、世界中の熊系ゲイたちと飲めますよ!

ちなみにダークルームはありません。

 

営業時間:毎日20時〜3時
ハッピーアワー:20〜22時
ホームページ:http://www.beargc.de/

 

     
LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*