ヨーロッパ最強クラスのゲイ観光地、スペインのグランカナリア島

LINEで送る
Pocket

スペイン・カナリア諸島のグランカナリア島に存在する、おそらくヨーロッパ最強のゲイスポット「ユンボセンター(Yumbo Centre)」の紹介を中心とした連載を始めます!

 

ヨーロッパ屈指のゲイ向け観光地「グランカナリア島」の連載を勝手に始めます

こんにちは! 海外在住、年の差30歳の国際クマ系ゲイカップル(の日本人のほう)によるゲイ・LGBT情報ブログ、パンダブログ(‎@panda_no_blog)です。……要するに熊系ゲイによるゲイブログです。笑

ヨーロッパ屈指のゲイの観光地、スペイン・カナリア諸島の「グランカナリア島」について書くことにしました。1箇所だけピックアップして終わるともったいないくらい面白い場所なので、シリーズとして複数のトピックで紹介していきます!

特に、圧倒的にゲイエリアが集結している「ユンボセンター(Yumbo Centre)」という施設を中心に書いていくこととなると思います。

今回はグランカナリア島のゲイエリアと、主役となる「ユンボセンター(Yumbo Centre)」についてまるっと紹介していきます。

 

ヨーロッパでも最強クラスのゲイスポット「Yumbo Center」

 

世界には、日本ではあまり知られていない「ゲイのため観光地」が存在します。グランカナリア島もその一つですが、ここはそんじょそこらのゲイ観光地とは一味違います

グランカナリア島の南部(Maspalomas と Playa del Inglés)が主にゲイ観光の中心地となっているのですが、そこにヨーロッパ最強(暫定)のゲイスポット「ユンボセンター(Yumbo Centre)」なる施設が存在します。

「Yumbo Centre」は他に例がないようなゲイスポットなので説明が難しいですが、無理やり説明すると「ゲイバー・レストラン・ゲイクラブ・ゲイサウナ・その他ハッテン場などが集結した団地」とでも言える施設です。

ここにヨーロッパ中からゲイが集まるのです。毎日がウィークエンド。しかも圧倒的にオーバー50のゲイおじさまが多い

 

…ひとまず落ち着いて、

「Yumbo Centre」がどんな所かということを、グランカナリア島の様子を紹介しつつ順を追って説明していきます。

 

ゲイ観光の中心地、グランカナリア島の南部とYumbo Centerについて

 

グランカナリア島とは

グラン・カナリア島(西: Gran Canaria)は、北大西洋のカナリア諸島を構成する島。行政的にはスペインのカナリア諸島州に含まれる。島名は「犬の島」を意味する。Wikipedia「グラン・カナリア島」参照。

 

街の様子はこんな感じです。

 

グランカナリア島の南部にある「プラヤ・デ・イングレス(Playa del Inglés)」と「マスパロマス(Maspalomas)」が主なゲイエリアです。

この2つは隣接しているため、わざわざ分別されている印象はありませんでしたが、一応それぞれについて説明します。

 

プラヤ・デ・イングレスとは

プラヤ・デ・イングレス(Playa del Inglés)はグランカナリア島・南部に位置し、海に面するリゾートエリア。ゲイの観光客との関わりは25年に渡る。カナリア諸島の住民は主にカトリック系にもかかわらず、地元にゲイツーリズムが受け入れられている。

主なゲイエリアは「Yumbo Centre」とその周辺である。「Yumbo Centre」ではレザー・スポユニ・ハッテン場など、ゲイのための店舗も30店舗ある。

毎年5月の2週目にはYumbo Centre周辺でヨーロッパ最大級のゲイプライドが開催される。2011年には10万人が参加した。(グランカナリア島全体の人口は約84万人)

Wikipedia「Playa del Inglés」参照。

 

ゲイ観光の中心地「Yumbo Centre」があるのがプラヤ・デ・イングレスです。

 

マスパロマスとは

マスパロマス(Maspalomas)はグランカナリア島・南部の観光地。グランカナリアの名所「マスパロマス砂丘」がある。カナリア諸島最大の観光地であり、LGBTツーリズムの観光地としても世界的に有名。Wikipedia「Maspalomas」参照。

 

マスパロマス砂丘はヌードビーチに続いており、そこにゲイビーチもあります。

 

Yumbo Centreについて

Yumbo Centreのホームページ要約:2万平方メートルの敷地に、バー・カフェ・レストラン・電化製品・ジュエリーストアなど約200店舗がある。プラヤ・デ・イングレスとマスパロマスへの観光客に娯楽を提供。

 

ホームページには「Yumbo Centrum Shopping Center」と書かれていたので、一応「ショッピングセンター」という考え方でいいみたいです。毎日が週末のクラブみたいな雰囲気ですが。笑

 

行ってみます!

Yumbo Centreの様子 〜団地エリア〜

こちらがYumbo Centreの入り口です。

 

看板には「Yumbo CENTRUM SHOPPING」 と書いてあります。

 

中はこんな感じです。広場を囲む団地のようでなんだか懐かしい雰囲気です。まだ夜ではないので活気がありません。

 

進んでみると、

 

ゲイ向けといった感じの服屋があります。

 

ゲイショップらしいマネキンです。

 

他にも、「TOM OF FINLAND」と書かれた広告もあります。「ザ・ヨーロッパのゲイスポット」という雰囲気です。

 

Yumbo Centreの様子 〜広場エリア〜

ゲイバーやレストランが並んでいます。

 

「ダンス・ミュージック 朝4時までパーティ」とあります。「宴(うたげ)感」がすごいです…w

 

こうして見ると、いかがわしい団地にも見えなくもないです。

 

セックスショップもあります。

 

セックスショップの前にはたくさんの張り紙。主にマッサージの宣伝です。

 

いかにもなマッサージから、

 

ゲイタントラ、

 

熊系な雰囲気なものもあります。「FISTING」の項目が気になります。

 

夜のYumbo Centre

こちらが夜のYumbo Centreの様子です(まだピークではない)。平日も週末もこんな感じです。

 

熊系ゲイバーだってあります。(写真は熊系ゲイバーの内装)

 

…と、今回はスペインはカナリア諸島・グランカナリア島のYumbo Centreをまるっと紹介させていただきました。

これからテーマ別に紹介していくのでお楽しみに!

 

     
LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply