太め好きなゲイに知ってほしい「パジー」という言葉

LINEで送る
Pocket

太め好きゲイの痒い所に手がとどく、絶妙な太り具合を表す「パジー」と言う言葉。パジーなゲイのユーチューバーの動画とともに紹介します。

 

新感覚の太め系用語「パジー」

こんにちは! 海外在住、年の差30歳の国際クマ系ゲイカップル(の日本人のほう)によるゲイ・LGBT情報ブログ、パンダブログ(‎@panda_no_blog)です。

「太め」と言っても、体型のバラエティって微妙に違いますよね。「がっしり」とか「ぽっちゃり」とか「デブ」とか…。

「一応当てはまるけど何か違う」「ざっくりでも他にないからそう言っとこ」…と、太め大好きな熊系ゲイの僕は「理想の太め」を示す単語選びで歯がゆい想いをしてきました。

ちなみに僕の理想は、「がっしり」よりだらしなく、「ぽっちゃり」よりやや固く、「デブ」より絞まっている。

そんな理想の太めを示す言葉、それが「パジー」なのです。

 

「パジー」とは

さて、パジーは英語で「pudgy」と書きます。意味は「stocky」(がっしり)と「chubby」(デブ)の間くらいなイメージでしょうか。

「ひと昔は相当ガタイよかったであろう、マッチョの面影があるおじさん」とでもいいましょうか。これがパジー体型です。

実際にパジーはどんな感じなのか、これは言葉で説明するより見た方が早いです。

ということで今回、完全に「パジー」なゲイのおじさんユーチューバーを見つけたので目の保養がてら紹介します。

(正直、動画の内容はよくわかりませんが「パジーってこういうことか」という風に見ていただければと思います)

 

パジーなゲイおじさんの動画を紹介!

動画のタイトルは「Pudgy Porn Star Challenge」。直訳すると「パジー・ポルノスター・チャレンジ」。

 

こちらがパジーの権化「Robert Mueller」さん。「パジー・ポルノスター・チャレンジ!!」を連呼しています。「アイスバケツチャレンジ」みたいなノリですかね。

 

さっそく「ほれ、脱ぐで!」とドヤ顔。

 

シャツを脱ぎ終わり「パジィー」と唸ります。イイ感じです。

 

ドヤ顔で下もぬぎぬぎ。

 

節々にキメ顔を忘れません。

 

ズボンを脱ぎ捨てた後「脱いだらもっとパジィー!」と唸ります。

 

そして最後は「かかってこいやァ!」みたいな雰囲気になって終了。

 

以上、これがパジーです。髙田延彦さんよりはセクシーだと思います(個人的に)。ちなみにRobert Muellerさんはゲイのポルノスターだそうです。

 

動画もどうぞ!

 

     
LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*