キリスト教の復活祭にヨーロッパ中の熊系ゲイが集うイベント「EASTER BEARDANCE」に行ってきた

LINEで送る
Pocket

ヨーロッパの大型連休(復活祭)中にドイツの首都ベルリンで開催された熊系ゲイのイベント「EASTER BEARDANCE 2017」に行ってきました。

 

こんにちは! 海外在住、年の差30歳の国際クマ系ゲイカップル(の日本人のほう)によるゲイ・LGBT情報ブログ、パンダブログ(‎@panda_no_blog)です。

 

熊系ゲイのダンスイベント「EASTER BEARDANCE 2017」

ドイツ・ベルリンにて、復活祭(イースター)の連休中に毎年開催される熊系ゲイのダンスイベント「EASTER BEARDANCE 2017」に参加してきました。結構サクッと紹介します。

 

「EASTER BEARDANCE 2017」の開催情報

 

開催日時:2017年4月14日(金)
開催地:SO36(クラブ)
住所:Oranienstraße 190, 10999 Berlin

 

「EASTER BEARDANCE 2017」が開催されたクラブ「SO36」はゲイクラブでは無いですが、ベルリンではそこそこ有名なクラブです。Wikipediaによると、もともとパンクロックで有名だったそうです。デヴィッド・ボウイとかもよく来てたみたいです。

 

熊系ゲイを象徴するかのようなチケット

チケット見せてどうすんねんwという感じですが、熊系ゲイを象徴するかのような重厚感のあるチケットだったので紹介させてください。

 

こちらが例のチケットです。まず、ペラペラじゃないことに感動しました。厚紙かつ表面がメタリック仕様になっていて、すごくちゃんとしたイベントのような感じがしました。

 

せっかくなのでチケットの裏側も。笑 書かれた通り、1人10ユーロ(約1200円)です。ドリンク代は含まれていませんでした。

 

ちなみに前売り券は開催1ヶ月前位から販売されます。(今後参加するかもという方はこちらを参考にどうぞ)

 

EASTER BEARDANCE 2017」の様子

こちらが「EASTER BEARDANCE 2017」のダンスホールの様子です。ちなみにこの時点で夜中の1時、ピークという感じですね。客層はまばらでした。

 

客層をざっとまとめたらこんな感じです。笑

 

客層だけでなく国籍もまばらで、ヨーロッパのいたる所から熊系ゲイたちが集結しているという感じでした。イイ感じです。

 

「ダークルーム」という存在

 

ダンスホールのスクリーンに矢印付きで映し出されていた「DARKROOM」という文字。その字の如く、ダークなルームの存在を示しています。(なにがダークなのか気になる方はググってみてください)

ちなみにドイツのゲイバーには「ダークルーム」がまあまあ設置されています。ベルリンに限るとほぼほぼという感じです。女子がちょいちょい来るゲイバーにもあったります。笑

由緒正しき熊系ダンスイベントにクラッシックなダークルームを設置…というのは、なんと言いますか…伝統にちゃんと則った感があり、感心すべきものだと思いました。

 

ダークルームからの景色

こっそり入ったダークルームの隅の木漏れ日みたいな光の先に見えたのがこの景色です。うごめく無数の熊系ゲイたち。壮観です。

 

ちなみにダークルームの中では誰一人踊っていませんでした。躍っていたのは心くらいなモンです。笑

 

ヨーロッパの熊系ゲイにまみれたいなら復活祭シーズンが狙い目

 

今回は「EASTER BEARDANCE 2017」に参加しましたが、実はドイツ・ベルリンでは、同時期に「ベルリン・レザー・アンド・フェティッシュ・ウィーク」なるビッグなゲイのイベントウィークも開催されていました。

というのも、4月の復活祭(イースター)の連休は、ヨーロッパ全体が日本のゴールデンウィークのような雰囲気になる稀有なシーズンなので、ゲイイベントもこの時期に集中的に開催されます。

そんな雰囲気の中で、特に大きなゲイイベントがあるのがベルリンなので、熊系ゲイだけでなくあらゆるゲイにとってお得なシーズンだなと感じました。(ドイツの熊系ゲイイベント情報はこちらを参考にどうぞ)

 

 

「EASTER BEARDANCE 2017」の動画の様子はこちら。

 

……あと、実は「EASTER BEARDANCE 2017」の他にもう一つ大きな熊系ゲイイベントがありました。「Unshaved」という、ベルリンで数ヶ月毎に開催されるイベントなのですが、そちらにも行ったので、後ほど報告します。

 

追記:ヒゲフェチ熊系イベント「Unshaved」の様子はこちら。

 

     
LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*